一生に一度の不動産購入を購入|住み良い物件セレクト

積み木の家

人気のリゾートエリア

別荘地として人気の伊豆は週末リゾートとして利用する場合は東伊豆や中伊豆を、定住を考えるのであれば管理された別荘地がおすすめです。別荘を購入するときには予算を決めて、物件費用プラス10%ぐらいかかるのが目安です。中古物件も多くあるので考慮してみてください。

スーツの男性

中古でコスト削減

寝屋川で中古物件を買う場合知っておくと良いのが築年数で、これは新しいものを購入すると耐震性がしっかりしています。さらに住宅診断を利用して家の劣化具合や耐久性を調べてもらうと良いでしょう。瑕疵担保責任がついていない任意売却はかなり安いです。

ウーマン

円滑な生活再建のために

任意売却を成功させ、住宅ローンの残債を減らすためには、金融機関との交渉をスムーズにまとめることや、高額で売却できる相手を探すことが重要です。不動産業界の情報に詳しい、交渉力のある業者に依頼するのがお勧めです。

分譲物件のプロセス

模型

見学前に希望条件を整理

狛江の不動産を購入する時、現地見学の前に地域情報を調べましょう。同じ狛江エリアでも川の近くと駅近物件では雰囲気が変わりますし、相場価格にも差が出ます。まずは住環境をリサーチし、商店街やスーパーなどの場所をチェックします。狛江の地域情報を把握してから、家族が住むのに必要な間取りや広さなど希望条件を整理し、予算を決めます。希望条件と予算が大体決まったら、いよいよ住まい探しを始めます。ウェブの検索サービスも役立ちますし、不動産屋さん巡りも始めましょう。現在狛江に住んでいるなら、新聞の折込チラシやタウン誌の広告にも目を光らせます。そして条件に合う物件を発見したら、積極的に現地の見学に行きましょう。分譲の場合モデルルームにも足を運び、情報を集めます。物件探しと並行し、具体的な資金計画も立てます。物件を購入する費用以外にかかるお金など、全部ひっくるめて細かく試算しましょう。立地条件や周辺環境を調べ、気に入った場合は購入の申し込み手続きを行います。申し込む相手は通常売主となる不動産屋さんか、販売代理を担当している不動産屋さんになります。大半の場合、申込証拠金を預けることになるので、事前にいくら必要か確認しておくと安心です。不動産会社の宅地建物取引士から、対象となる不動産について、詳しく説明されます。重要事項の説明を聞き、特に問題がなければ売買契約を売主と交わします。この時点で売値の10%から20%の手付金を支払う流れになります。住宅ローンを組む場合、事前に金融機関と保証会社の審査を受け、融資を受ける段取りをつけておいて下さい。売買契約後、住宅ローンを本格的に契約します。現金一括払いの場合、残りの代金を支払うのは、物件完成後でOKです。代金の支払いが済んだら売主から初めて物件を引き渡され、不動産登記の手続きを行い、晴れて自分のものになります。あとはいつ引っ越しても大丈夫です。

このエントリーをはてなブックマークに追加