一生に一度の不動産購入を購入|住み良い物件セレクト

人気のリゾートエリア

積み木の家

地域と予算を考える

首都圏から近距離にあるリゾートの中でも伊豆半島は夏涼しく、冬は暖かく、マリンレジャーや温泉もあり、別荘地としても人気になっています。伊豆半島に別荘を見つけるときには、目的やライフスタイル、それに交通手段によって選ぶべき地域が異なります。週末リゾートとして考える場合はアクセスの良い場所を考える必要があります。電車を使うのであれば東伊豆側は便利です。自動車を利用する場合は中伊豆も考慮することができます。定住地として考える場合は、周辺地域の治安や生活の便を考える必要があります。東伊豆側や高原地域には大規模な別荘地が整備されていて、管理がしっかりされていることから定住者にとって最適な場所といえるでしょう。地域を決めたら予算を決めます。別荘を購入する場合は物件そのものの価格の他に仲介手数料や登記費用、それに毎年定められている管理費もかかります。おおよそ物件価格の10%位かかるものと思っておくとよいでしょう。希望する条件の全てを満たす物件を見つけるのはなかなかできません。そこで、条件に優先順位をつけて、どうしても譲れない条件と場合によっては我慢できる条件を決めておくと選択肢を広げられます。バブル期の伊豆はリゾート開発が進み、リゾートマンションや別荘が多く建設されました。バブル崩壊によって中古物件がたくさん見つけることができ、以前とは比較にならない程安価で手に入れられるようになりました。新築では手に入れることができない温泉付きや眺望の良い物件も中古であれば手に入れられるので考えてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加