一生に一度の不動産購入を購入|住み良い物件セレクト

円滑な生活再建のために

ウーマン

交渉力と情報力

何らかの理由で住宅ローンの返済ができなくなったとき、差押を避ける方法のひとつが任意売却です。どちらにせよ家を手放すことにはなりますが、差押から競売となると、相場より安く買い叩かれてしまいますし、情報が一般に公開されるので精神的にも大きなダメージを受けます。任意売却なら競売より高額で売れる可能性が高く、住宅ローンの残債を減らすことができるため、生活の再建も比較的容易になるでしょう。任意売却を取り扱っている業者は数多くありますが、どこでもサービス内容が同じというわけではありません。そもそも任意売却を成立させるには、住宅ローンを組んでいる金融機関から同意を受ける必要があります。近年では銀行や信用金庫の態度も厳しくなっていて、簡単には任意売却を認めてくれない場合があります。金融機関との交渉力は、業者を選ぶ重要なポイントのひとつになります。また適切な購入希望者を見つけて、できるだけ高額で売却するためにも、広範な情報ネットワークと交渉力が不可欠になります。購入希望者が見つかっても価格が安ければ、住宅ローンの残債が大きな負担となって残ります。また最悪の場合は債権者が任意売却に同意せず、時間切れとなって結局は競売になってしまうこともあります。任意売却のメリットを活かすためには、単に法律的な知識を持っているだけでは不十分です。不動産業界の情報に詳しく、交渉経験の豊富な専門の業者に依頼することをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加